お風呂の入り方一つで寝つきが良くなる!かんたん不眠解消法

 

 

リラックスできて、1日の疲れを癒してくれるのがお風呂ですね。

お風呂の入り方一つで、リラックス度が高まり、寝つきもよくなります(・ω・)b

 

不眠解消につながるかもしれないので参考にしてみてください♪

 

 

寝つきを良くするお風呂の入り方のポイント

・湯船に浸かる

・温度は38℃~40℃がベスト

・就寝の2~3時間までにはお風呂をすませておく

 

 

湯船に浸かる、それも38~40℃くらいのぬるま湯、またはほどよい温度では

体が安らいで心地よい気分になります。それは副交感神経が優位になるから。

シャワーで済ますだけよりだんぜん体は眠りやすい状態になりますよ☆

 

 

 

 

逆に41℃以上になると高温になり、今度は交感神経が活発になり、

より目が覚めます。

 

 

熱いお風呂だとリラックスというより、ちょっと覚醒しちゃったかな??って

感覚ありますよね(^^;) 軽い興奮をおぼえますw

 

なので熱いお風呂は寝つきが悪くなりますし、体の乾燥もまねくので

かゆくて寝れない・・・なんてことも起きてしまいます。熱いお風呂は

気持ちは良いのですが、不眠解消のためにもお肌のためにも控えてみてください。

 

 

そしてお風呂に入る時間ですが、

寝る2~3時間前にすませておくのが

理想です。

 

 

というのもお風呂はリラックス効果は

ありますが、入った直後は体温も高く

なりますし、めですし、ちょっとした目覚まし効果もあってすぐには眠りにくいんですね。

 

 

体温を下げることで、人は眠りやすくなります。

体温は夜になると下がっていきますが、お風呂に入ることで一時的に上がり、

お風呂から出るとまた下がっていき、眠りやすい状態になっていきます。

 

 

体温が下がるのに時間がかかるので、お風呂と就寝時間のあいだを開けておくことが、

大切になってくるんですね。ですのでできるだけうまく時間を

調整してみてくださいね(^^)

 

 

仕事などで帰りが遅いなどの場合は、

帰ってから最初に風呂に入るなどして、

寝るまでの時間を少しでも多くとるように

してみてください。

 

 

 

また、気をつけたいのが一人暮らしです。節約のこともあり、シャワーで済ますことも

多いですが、寝つきを良くするためにはちょっともったいない気もします。

不眠の悩みがあるならなおさらです。

 

湯船の半分くらいでもいいのでお湯をためてみましょう。体を沈めれば

わりと入れますよ(^^)

 

 

そして、朝風呂専門の方もおられます。夜ではなく仕事前の朝に入ってるようです。

朝風呂は目を覚まさせるのに効果的なので良いことですが、寝つきを良くする

という点ではやはりもったいないかもしれませんね(^^;)

 

 

お風呂はリラックスできる場所ですので、

ぜひ最大限に利用して寝つきをよくして

みましょう!温度も入る時間も大切です。

 

 

 

家族で熱いお風呂が好きという方がいるなら、相談する必要がありますね。

38~40℃くらいの温度が良いか、熱めのお湯が良いか入りくらべるのも

1度やってみると良いですよ(^^)

 

 

私はもともと42℃位に入ってて熱いのが好きでしたが、やっぱり乾燥しやすいのと

目がさえること、そしてたまにしんどくなる時があったので、温度を下げてみたら

快適に入れるようになりました。それからは40℃で入ってます♪

 

ぜひあなたも気軽にチャレンジしてみてくださいね(´ω`*)

 

コメントを残す