寝る時間のベストの長さは個人差がある!自分に合う睡眠時間を見つけて快眠する方法

 

睡眠時間の長さは、平均して8時間が良いというのが良いと

よく言われていましたが、最近ではこれが間違っているというのが

わかってきました。

 

 

実際には4~5時間くらいの短時間の睡眠でOKな方々(ショートスリーパー)や

10時間など長時間の睡眠をとる(ロングスリーパー)の方々もいます。

そしてどちらの方々も、この睡眠量が自分に合っていて、快適に睡眠をとれています。

 

 

 

自分に合う睡眠時間を見つけて快眠する方法

自分に合う睡眠時間には個人差があるので、自分に合った睡眠時間は自分で

見つけることが大切になってきます。

 

自分に合う睡眠時間の見つけ方は、

 

・睡眠時間を変えてみる

・睡眠後の具合をノートなどにメモしていく

 

 

 

これはとても簡単にできると思います。

睡眠時間を決めて寝てみて、

調子良いかどうかを日々記入していくだけ。

 

そして調子のいい時間が見つかったら

それを繰り返すだけです。

 

 

睡眠時間って簡単に忘れてしまうので、睡眠時間と眠気とか体調などをメモをしていけば

だいたいの自分に合う睡眠時間がだんだんわかってきます。

 

 

 

睡眠時間は個人差があり、7時間では調子が悪い・・・という場合でも6時間なら調子が良い

ということも普通にあり得ますし、中にはもっと寝たほうが良いという方も

おられるでしょう。

 

 

とにかくいろんな睡眠時間を試して、メモして、快適におきられる睡眠時間を

見つけることが、快眠への大きな一歩となります☆

 

 

 

私はけっこう寝る方で、ずっと8時間が良い!と思い込んできたのですが

個人差があることを知ってからは、いろいろ試しました。私の場合は7時間がベストでした。

 

 

ただし、極端に短すぎる、または寝すぎるのは体によくありません。

 

睡眠は成長ホルモンの分泌などの関係で最低でも3時間は必要ですし、

脳もや体があまり休めません。脳と体を休ませることはとても大切です。

 

 

また11時間以上になると頭痛を起こしたり、

体調が悪くなったり夜寝つきにくくなったりと、

ストレスがたまったり快眠にはほど遠い状態に

なりやすくなります。

 

 

それよりは別の睡眠時間を探してみることがオススメですね。

寝すぎると寿命が縮まるなんて怖いことも言われてるくらいなので(^^;)

 

 

また、年を重ねるごとに必要な睡眠時間も変わったりするようなので、

いろんな睡眠時間を試してみることは効果的ですよ☆

 

 

快眠になればストレスをためにくくなり、不眠をまねくことも減ってきます。

ストレスは不眠の大きな原因となりますので、快眠でできるだけ快適な毎日を

過ごせるようにしたいですね(^^)

 

 

睡眠時間を見つけるまでは、睡眠時間が自分に合わず眠かったりしんどかったりを

少し体験することにはなると思います。ですが一度見つけると、その苦労も吹き飛ぶくらい

良い快眠習慣ができますので、ぜひがんばってみてくださいね(。・ω・。)

 

コメントを残す